マイナーニュース備忘録

メディアが取り上げなさそうなニュースなどを中心にメモしてます。

自由民主党

中国の「海外警察」が日本にも。その団体の顧問は自民党議員!?

中国の「海外警察」が世界で問題になっていますが、なんとその「海外警察」が日本にも設置されているそうです。 そして、その団体の「高級顧問」が自民党の松下新平参院議員(56)ということのようです。 英国の公共放送BBCが先ごろ〈中国、警察の出先機関を…

【元総理暗殺事件】別の銃弾の科学的根拠が官邸に意見メールされる

高田純理学博士は以前から安倍元総理の暗殺事件について解析されていました。 今回は、音響解析を行い、安倍元総理の頸部に命中した弾丸は山上の発砲ではなく別の銃弾があったとの科学的証拠があることについて官邸にメールをされたそうです。 官邸へ意見メ…

【5日後に?】奈良県警、13日にも現場検証

安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃で撃たれて殺害された事件で、奈良県警は13日午前5時ごろから、山上徹也容疑者が手製の銃を撃ったとされる近鉄大和西大寺駅(奈良市)の北側で現場検証をして、発射された弾丸などの遺留物を調べたそうです。 事件発…

【元首相暗殺事件】狙撃手が別にいた説

安倍元首相を銃撃して殺害したのは山上容疑者ではなく、別に狙撃手がいたという説がネットでは出ています。 右頚部から心臓に達する弾道は、安倍元総理の右手ビルの屋上(狙撃ポイント①)から、左上腕の射入口は左手ビルの屋上(狙撃ポイント②)しか考えられない…

岸田内閣支持率、急落

ジャーナリスト・長谷川幸洋氏の先週末の夕刊フジの記事によると、毎日新聞やNHKの調査で岸田内閣の支持率がかなり下落しているとのことです。 当初から、特に成果もないのに支持率が高いのが不思議だと一部では言われていましたが、タイトルにもあるように…

【NHK党】自民党にもガーシー砲!過去の隠し子報道も。

先日、NHK党のガーシーこと東谷義和氏のツイッターのアカウントが連続で凍結されました。 最初にアカウントが凍結されたとき、NHK党の立花党首は、6月29日にこのようにツイートしています。 ガーシーのTwitterが凍結!腐った権力の嫌がらせか? トライストー…

【上海電力】国会質疑、岸田総理は上海電力問題に対応意欲なさそう

5月のことですが、国会にて青柳議員が、経済安全保障法案により、上海電力のような外資系企業の参入を防げるか質問しています。 下記ツイートの映像で、青柳議員により詳しく説明されていますが、結論としては、上海電力のような企業の参入は防げないそうで…

【無能?】岸田政権の電力政策

岸田文雄首相は節電した家庭にポイントを付与する新制度を設ける方針を示していました。 そして、木原誠二官房副長官が24日の記者会見で、政府が節電した家庭に2千円相当のポイント支給を検討すると表明しました。 www.sankei.com これからどんどん暑くな…

N党の立花党首、「日本の敵は中国」(フジテレビ、日曜報道)

6月19日のフジテレビの日曜報道で、与野党9党首が参院選の争点などを議論しました。 テーマの一つが原子力潜水艦の保有でした。 NHK党の立花党首は、原子力潜水艦の保有について賛成の立場をとり、その上で、このような発言をしています。 「日本の敵という…

河野氏、官僚にきつめにコメント

河野氏が、官僚に対してきつめにコメントしている音声があがっていました。2021年8月24日のオンライン会合のもののようです。 河野氏は中国には強く言わないで、官僚にはきつく言うというのは前から指摘されているようですが、これもその一例でしょうか。 北…

【上海電力】岩国市の市議会議員ら、高市政調会長に陳情に

5月4日の虎ノ門ニュースで、岩国の上海電力のソーラー発電事業について特集されていました。ジャーナリストの大高未貴氏のミキペディアのコーナーで特集されていました。 橋本徹氏が大阪市長だった頃に、日本で初めて大阪にソーラー発電事業に「ステルス参入…

ゼレンスキー大統領、令和元年、即位の礼で天皇陛下と握手

ゼレンスキー大統領は、2年半ほど前に来日して天皇皇后両陛下に会っていたそうです。 2019年10月22日。即位の礼の時のことです。 映像があります。2019年10月22日夜。即位の礼の祝宴「饗宴の儀」を前に、天皇皇后両陛下がウクライナのゼレンスキー大統領夫妻…

岸田総理、韓国代表団と面会。

岸田総理大臣の韓国“代表団”との会談の話が出たとき、高橋洋一氏は、『韓国はまだ新政権(政府)でないので、日本で対応すべきは政府の人ではなく、自民党の人。これは外交常識なので韓国の訪米団に米政府は会っていない。総理どころか外務大臣も会うべきで…

高市政調会長、「緊急一時避難施設、皆で確認を」

4月16日に、自民党の高市政調会長が「国民保護法」や避難場所の確認を促す情報を発信しています。 3月24日、北朝鮮のミサイルが日本のEEZ内に落下。自民党政調会では、平成30年6月以降、「国民保護法」に基づく国と地方公共団体共同の住民避難訓練が行われてい…

韓国レーダー照射問題を棚上げにしたらしい岩谷元防衛相が・・・

2018年の年末、韓国軍のレーダー照射問題がありましたが、2019年に当時の防衛相だった岩谷氏が、韓国と非公式に会談を行い、レーダー照射問題を棚上げにしたと、韓国などでは報じられていました。 岩谷氏が、韓国国防相と非公式会談し満面の笑みで写っている…

林外相、こんな時にロシア閣僚と経済協議

ウクライナ危機(ロシアがウクライナに侵攻しそうな状況)に関して、岸田文雄首相は15日、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領と電話会談を行いました。 同じ日に、林芳正外相は、ロシアのマクシム・レシェトニコフ経済発展相とテレビ電話会議を…

立憲、憲法審査会開催を拒む

立憲民主党は1月26日、自民党が提案していた同日の衆院憲法審査会幹事懇談会の開催に応じない方針を決め、自民側に伝えました。 立民の対応により幹事懇談会開催は見送られ、27日の憲法審も開かれない見通しとなりました。 www.sankei.com それに対して…

世界に恥さらしの決議が国会で採択

衆院は2月1日の本会議で、中国による新疆(しんきょう)ウイグル自治区などでの人権問題に関する決議を賛成多数で採択しました。 もともと盛り込む予定だった「人権侵害」や「非難」の文言は公明党の要請を受けて削除され、中国を明示することも避けられま…

林外相も韓国へ外交的配慮!?

林芳正外相は、「佐渡島の金山」(新潟)の世界文化遺産推薦に関し「韓国への外交的配慮を行うことは全くない」とのことです。 そして、「登録を実現する上で何が最も効果的かという観点から総合的な検討を行っている」と述べていますが、このコメントの意味…

岸田総理、韓国に配慮、ユネスコ推薦見送りの方向

夕刊フジ編集局のツイッターによると、『岸田政権は「佐渡島の金山」を、今年度はユネスコへの推薦を見送る方向で調整に入りました。』とのことです。 そして、『韓国などの反発を配慮したものですが、「後ろめたいことがある」と間違った印象を与えかねませ…

岸田内閣支持率66%

産経新聞社などの12月の世論調査によると、岸田内閣の支持率は、66.4%となり、岸田内閣の支持率は10月の政権発足から3カ月連続で6割を超えています。 www.sankei.com ただ、虎ノ門ニュースの色々なコメンテーターの方が指摘しているのを見ると、かなりダ…

菅前総理の実績

メディアはあまり伝えていないようですが、菅前総理は数々実績を残されました。 虎ノ門ニュース(2021年9月7日)で、高橋洋一氏により菅政権の実績がまとめられていましたが、今まで10~20年積み残しされてきた色々な問題に菅総理は1年間でかなり対処していま…

茂木幹事長、対中非難決議をやらない模様

自民党の茂木幹事長が、北京五輪の外交ボイコットを持ち出してきて、党として中国政府による新疆ウイグル自治区などでの人権侵害行為を非難する国会決議の採択は認めない考えを示しました。 21日に閉幕予定の今国会でも事実上見送られる形となったようです。…

岸田首相、日中友好協会の会長

岸田内閣は、中国寄りの内閣ではないかと指摘されています。林外相や中谷補佐官やそれ以外の方を見ても、そのように見うけられます。 岸田総理自身も、地元広島で日本中国友好協会の会長を務めているということが伝えられました。 www.zakzak.co.jp 岸田首相…

林外相、日中友好議連会長を辞退したが

林芳正外相は11月11日の就任記者会見で、自身が務める日中友好議員連盟の会長職について「外相としての職務遂行に当たって無用な誤解を避けるため、辞めると判断した」と表明しました。 www.sankei.com 米国側で中国共産党政権が対日政治工作のために日…

人権担当補佐官・中谷氏が中国に寄り添った発言

中谷氏と言えば、ウイグル問題などに対して、超党派の議員連盟共同会長を務め、日本版「マグニツキー法」(人権侵害の制裁法)の制定を目指していた方でした。 minor-news.hateblo.jp その中谷氏が、中国を念頭に国際的な人権問題を担当する首相補佐官として任…

河野太郎氏、「敵基地攻撃能力」は昭和の議論

河野太郎氏のブログで、「敵基地攻撃能力から抑止力へ」というタイトルで、先の総裁選でも議論のあった敵基地攻撃能力について寄稿しています。 www.taro.org 以前、有本香氏が河野氏の本『日本を前に進める』について虎ノ門ニュースで、内容が無いという趣…

外相に起用されるとみられる林芳正氏は日中友好議連の会長

産経新聞の記事によりますと、岸田文雄首相が、外相に林芳正元文部科学相(60)を起用する意向を固めたそうです。 この林芳正議員というのは、二階氏の側近で中国非難決議を止めた林幹雄議員とは別の方です。 www.sankei.com この記事に記載はありませんが…

『美しく、強く、成長する国へ。私の「日本経済強靭化計画」』

少し前の話になりますが、『美しく、強く、成長する国へ。私の「日本経済強靭化計画」』を読み終わりました。 読み終わったのは、総裁選の直前でした。 非常に興味深い本でした。 目次は、以下のようになっています。 序章 日本よ、美しく、強く、成長国であ…

河野家の親族企業と中国の人権侵害に関わる企業とのつながり

総裁選の途中、河野氏の親族企業「日本端子」が、中国の企業と密接な関係にあるようだというのがネットで広がりました。 minor-news.hateblo.jp そして総裁選の数日前には、河野氏の親族企業と関係のある企業が、中国人権侵害問題と関わっていると言われてい…