マイナーニュース備忘録

メディアが取り上げなさそうなニュースなどを中心にメモしてます。

ウイグルでの強制労働に関与しているとされる日本企業

日本ウイグル協会が、日本企業のウイグル人強制労働問題について調査しています。 2020年3月、オーストラリアのシンクタンク「オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)」が、世界の有名企業少なくとも83 社のサプライチェーンに組み込まれている中国の工場で、…

オランダも、ウイグルのジェノサイドを認定

アメリカ政府が1月19日、中国政府がウイグル人などのイスラム教徒系少数民族に対しジェノサイド(大量虐殺)を行っていると認定しています。 www.afpbb.com カナダの下院が2月22日、中国当局が新疆(しんきょう)ウイグル自治区のウイグル族などのイスラム教…

立憲民主党が共産党と組む!?

昨年9月の内閣総理大臣の指名選挙があり、そこで菅総理が総理となりました。 その総理大臣の指名選挙で、共産党が立憲民主党の枝野代表に投票しました。他党に投票したのは22年ぶりとのことです。 ニュースに見ると、当時枝野代表は、共産党との蜜月ぶりをア…

NATO、中国と対峙するために日豪と関係強化を

米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長が演説の中で、対中国のために日豪と関係を深めるべきだと述べたとのことです。 中国の台頭は「安保、繁栄、生活様式に大きな影響を与えかねない決定的な問題だ」と強調、中国と対峙…

国会議員に出版社が『命がけの証言』を送付

命がけの証言 作者:清水ともみ 発売日: 2021/01/28 メディア: Kindle版 『命がけの証言』は、ウイグルでの過酷な状況について、ウイグル人が決死の覚悟で証言したものを清水氏が漫画でまとめた本です。 この本はかなり売れているようで、日本でもウイグルで…

対・中国政策の超党派議連「JPAC」共同会長・中谷議員

先日、日本の外務省の担当者がウイグルでのジェノサイドを認めていていないというニュースがありました。 minor-news.hateblo.jp 外務省の担当者から、この答えを引き出したのは、自民党の中谷元・元防衛大臣だそうです。 www.huffingtonpost.jp 中谷氏は、…

橋本氏、新会長就任。森氏を批判していた人たちはどうする?

橋本聖子氏が、東京五輪・パラリンピックの新会長に就任するそうです。 この方は、以前フィギュア高橋選手に執拗にキスをするなどして、セクハラ報道があった方です。 www.j-cast.com ところで、NHKの和久田氏は、森氏の件について「辞任で終わりではない」…

池上彰氏は韓国も押していた

あやしげな発言をして炎上した池上彰氏ですが、そういえば去年の後半もあやしいことを言っていたなと思い出しました。 見返してみたら、ありました。 池上彰氏は、去年の11月にも中国を押してました。 【池上彰のニュースそうだったのか】中国爆上げ➡️ pic.t…

ウイグル人の証言集、『命がけの証言』

ウイグル人の弾圧について証言集である『命がけの証言』を読みました。 清水ともみ氏が、ウイグル人が体験した過酷な体験を漫画で表した本です。 ウイグル人6人の(実名を明かした)本人による証言と、1人の亡くなった方の関係者による証言が、それぞれ漫画で…

池上彰氏が共産主義を押す

minor-news.hateblo.jp 池上氏が事実と異なることをテレビで発言されました。それにより炎上してます。言い訳じみた弁解により、火に油を注ぐ展開になっているようです。 www.tokyo-sports.co.jp 事実ではないことを言ったので、炎上するのは仕方がないこと…

10年前の中国船衝突事件の船長釈放は民主党・菅元総理の指示だった!?

昨年秋で、中国船衝突事故から10年経過しました。 中国船が海上保安庁の船に衝突してきて、船長がとらえられたものの、のちに釈放されたという事件です。 当初、関係当局は事実を伏せていましたが、ある海上保安官が、事件の映像を"sengoku38"という名義でYo…

ウイグル人への弾圧が想像を・・・

ウイグル人に対する弾圧のニュースを最近いくつか見かけました。 中国は周辺の民族も中国に取り込んでいき、伝統や文化をなくそうとする政策を進めています。 その手段の一つのようですが、男性、女性共に不妊手術が施されます。 中国政府の発表の数字による…

水産庁、自民・長尾氏の尖閣出漁申請を認めず

水産庁が、自民・長尾氏が尖閣出漁申請を認めないというニュースがありました。 記事によると、漁業者は尖閣海域まで行けるそうですが、長尾氏は途中までしか行けないようです。 水産庁の判断は、どういうことなんでしょうか。 www.sankei.com 尖閣諸島につ…

フィリピンとベトナム、中国海警法に猛反発。それに引きかえ。

フィリピンとベトナムが中国海警法に猛反発しているというニュースがありました。 フィリピンのロクシン外相が、「法律制定は主権者の特権だが、南シナ海は開かれていることを踏まえると、海警法は戦争を仕掛けるという脅迫だ」と強く批判したそうです。 www…

韓国白書、日本の表記を格下げ

東京新聞の記事によりますと、韓国国防省は、2日に国防白書(2020年版)を発表し、その中で韓国は日本の扱いを下げたそうです。 聯合ニュースによると、周辺国との交流や協力について記載した部分で、18年版白書では日本は共に協力しなければならない…